アメリカ ボイヤータウン工場

ペンシルベニア州にあるボイヤータウン工場は、アメリカで唯一タンタルニオブの一貫生産を行っている工場です。121ヘクタール(300エーカー)の敷地を持つこの精錬工場は、60年以上に渡り操業を続けています。

ボイヤータウン工場では、特許技術である高電圧製品などのコンデンサ用タンタル粉末のほか、タンタル、ニオブ、およびこれらの合金の冶金用製品を生産しています。

ここにはワールドクラスの電子ビーム溶解炉(EB炉)があり、最大の直径と最高の純度を持つインゴットを生産し、最高レベルの化学的、冶金的、および機械的な一貫性を備えた製品がどこでも入手できるようにしています。

高品質への取り組みで知られるボイヤータウン工場は、Bureau Veritas Quality International (NA) Incorporated (BVQI)により、ISO 9001:2008認証を受けています。

ボイヤータウン工場は安全衛生と環境保護への熱意が認められ、米国労働省の労働安全衛生庁(OSHA)により、権威ある自主的保護プログラム(Voluntary Protection Programs )(VPP)の最高レベルである「スター」に認定されました。

2010年、ボイヤータウン工場と会津工場は、金属加工事業として初めて、EICC/GeSI主催の認証プログラムによって検査され、「コンフリクトフリー」と宣言されました。

アメリカ ボイヤータウン工場