コンデンサ用粉末

GAMは、アンギュラー(粉砕粉)、ノジュラー(還元粉)、フレーク(片状粉)の3種類のコンデンサ用タンタル粉末を生産しています。アンギュラータイプまたはEBタイプの粉末は、電子ビーム溶解によって製造されます。EBタイプの粉末には粉砕粉とフレーク状の粒子の両方があり、これらの粒子は指定の表面積と静電容量に合わせて混合、凝集されています。ノジュラー状およびフレーク状の粉末の多くは、ナトリウム還元によって生産されます。これらは表面積が大きく、取扱い易さと流動特性に優れているため、コンデンサ・メーカーは質量と静電容量を適切に調節した小型の陽極を生産することができます。

弊社は最大200K CV/gの静電容量を持つ粉末を量産し、さらに250K CV/g以上の向上させる新技術を開発しています。

フレーク状の粉末はGAM独自の製品です。この粉末は、弊社の特許加工技術を使ってフレーク状に生成されているため、中電圧の用途に適用することが可能になっています。